Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

FrontPage

体にいい温泉、そして宿!  健康づくりの湯治場!

画像の説明

大湯元 山田旅館

 小谷温泉、大湯元 山田旅館の公式サイトをご覧いただきまして、誠に有り難うございます。
当館は江戸時代建築の本館を始め木造建築6棟が文化庁の登録有形文化財になっております。江戸、明治、大正、平成とそれぞれの時代に建築された建物が軒を連ね、昔ながらの湯治場の風情を大切に残しています。元湯と新湯の2本の自家源泉があり、大切に管理、提供しています。何と言ってもすぐ裏手から湧き出る温泉は、加水や加温する事なく、そのままの状態で浴槽に掛け流しされています。良質の温泉は昔から湯治療養に親しまれてまいりました。まさに、鮮度、効能、湯量が奇跡的に恵まれた本物の温泉です。

画像の説明

長野と新潟の県境で自然豊かな、山の中ですので、小谷は山菜やきのこが豊富です。ここだけでしか味わえない珍しい山菜もございます。また1時間もかからず日本海に出れますので、海の幸も食べられます。田舎会席料理ですが、出来る限りの手作りに心がけております。四季折々の郷土の味をご賞味ください。
現代社会において、決して快適な施設とはいきませんが、歴史を積み重ねた風情と温泉や、厳しくもすばらしい自然環境を、残された原風景としてお楽しみいただければ幸いです。
百名山 雨飾山の登山基地にもなっており、海や山のへの拠点に、お役立てください。
信州ではめずらしくなった自炊湯治もできます。長期の滞在、病後の静養や健康づくりにご利用ください。
 皆様のお越しをお待ちしております。

小谷温泉

全景秋、初雪

 妙高戸隠連山国立公園の標高850Mの山腹にあり、弘治元年(1555年)川中島の合戦の折りに、武田信玄の家臣によって元湯が発見されたと伝えられており、450年の永きにわたり名湯と謳われ、湯治場として親しまれて参りました。元湯の源泉は、明治時代にはドイツで開催された万国霊泉博覧会に日本を代表する温泉として、登別、草津、別府、小谷の4つが出泉されました。

画像の説明

源泉は全部で3つあり、元湯新湯あつ湯とそれぞれ効能豊かな源泉です。掘削やボーリングなど開発をさけ、昔のままの温泉源の姿を守り、すべてが自然湧出の天然温泉です。完全掛け流しで提供され、飲泉による効果の高い良質の温泉です。数少ない本物の温泉をです。現在は山田旅館(元湯と新湯)と熱泉荘(あつ湯)の2軒の旅館があります。

日本海から信州へ塩を運ぶ塩の道は有名ですが、糸魚川から湯峠を越え小谷温泉を経由する古道の温泉ルートとして、また、妙高高原から乙見峠越えのルートなど深い山越えの峠道もあり文化や物流でにぎわい親しまれてきました。戦後、大糸線の開通や道路が整備されると昭和26年には路線バスが小谷温泉まで、入るようになりました。松本方面、糸魚川方面から容易に来る事が出来るようになりました。

画像の説明

しかし、有数の豪雪地帯でもあるので、積雪は4mを超え厳しい自然の中にあります。
冬は現在でも2キロ手前の大凪下までしか通っていません。
通年営業をしているのは山田旅館だけとなっています。冬期、除雪は毎日されていますが、道路状況については天気次第ですので、お問い合わせください。

温泉

画像の説明

1555年武田信玄の家臣 岡田甚一郎の夢枕に観音様のおつげによって発見されことから、以来 現夢の湯(うつつのゆ)といわれ万病に効く名湯として、また湯治場として愛されてきました。自家源泉から湧き続ける温泉は2箇所の浴室でご利用できます。旅館の中心に位置する元湯は100年以上変わらぬ浴槽で、2メートルの滝となって湯が落とされ大正ロマンを感じる造りとなっています。
また、離れに併設される、26年6月末に改装オープンした、外湯の展望風呂と、それぞれタイプの違うお風呂がございます。檜の内湯と、特に男性展望風呂は薬師堂の建物を利用し、一望千里、開放感に溢れ四季のうつろいが感じられる温泉です。女性の展望風呂は目隠しに斜め格子が入っており、安心して景色と雰囲気を楽しみながら入浴して頂けます。横に広がる敷地内で、はしご湯が出来ます。、庭には飲泉場も設けてありますので、飲泉しながら温泉の効果を存分に、お楽しみください。
日帰りでのご利用も可能です。午前10:00から15:00となっています。
(ただし、冬期は展望風呂はご利用になれません。)

源泉風呂

元湯湯殿と外湯 展望風呂 

元湯 源泉湯殿

すぐ裏から湧き出た状態で浴槽へ入れています。自然さが命です。空気に触れると酸化や劣化が進んでしまいます。本当に新鮮な温泉でないとの本来の効能や、価値がないといわれています。貴重な温泉を大切にし、完全掛け流しで提供しています。施設としては広くないので込み合っているとご迷惑をかけると思いますが、早めにご到着し、ご滞在中にゆったりと時間を使ってお入り下さい。本物の温泉を感じて下さい。打たせ湯 寝湯 浮遊浴 吸入療法が出来ます。滝は波動と湯もみの効果があります。

温泉の泉質と浴槽での状態

  • 泉質 ナトリウム炭酸水素塩泉(重曹泉)
  • 温度 42℃前後(季節や気象によって変化)
  • 状態 自然湧出の掛け流し
  • 湧出量 毎分150ℓ
            

泉質効能

  • 浴用 切り傷、火傷、慢性皮膚病
  • 飲用 糖尿病、通風、肝臓病、慢性消化器病

一般効能

  • 浴用 神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、
    関節のこわばり、打ち身、くじき、痔、冷え性、
    病後回復期、疲労回復、健康増進
    湯枕寝湯にある湯枕 温泉成分で固まり、木が石のようです。
    温泉成分の柱湯滝の壁に滴り成長した成分の柱です。約25年分
    薬師堂の建物を利用した男性展望風

外湯 展望風呂

宮大工の手により改装した温泉棟です。檜の内風呂と見晴らしの良い展望風呂 男女2つの違う浴槽があります。冬期は檜風呂のみご利用頂けます。

檜の内風呂檜の内風呂
斜め格子の女性展望風呂女性展望風呂

湯治療養のすすめ  ・・・編集中
ナトリウム炭酸水素塩泉の特徴・・・編集中

食事

夕食の一例夕食の一例です。

四季折々の山菜、きのこなどを始め、地元で採れた野菜や日本海の幸による、体にいいものや温泉を使ったお料理の田舎料理です。会席スタイルで、一度に出させて頂いています。出来る限り温かいものや冷たいもの、ぎりぎりに揃えていますので、お時間を確認の上、食事処までお越し頂けると有り難いです。

お食事は、本館又は別館大広間の食事処で、お召し上がりいただきます。
本館お食事処画像の説明別館お食事処画像の説明
小谷は山菜の宝庫です。ここでしか味わえない貴重なものもございます。
山菜画像の説明草餅 山田旅館の名物です。画像の説明
天然舞茸画像の説明 なめこ画像の説明

部屋

  別館(昭和63年建築)

鉄筋コンクリート造りで、全室トイレ付き、エレベータあり
画像の説明画像の説明

 本館(江戸時代建築)      木造新館(大正3年建築、27年改装)

トイレは共用で各階にあります。(ウォシュレットあり)
画像の説明 画像の説明
   
  
 特別室 長屋(明治13年建築)平成20年小谷の名工により再生されました。
画像の説明画像の説明

お座敷  本館1階にある江戸時代のお座敷です。
画像の説明

料金表  お一人様(一泊2食付き/税サ込み)

 木造新館   別館  長屋 お座敷
  12960〜15120  16200~18360   お問合せください 

*それ以外に入湯税100円(小谷村)を別途お預かりいたしております。
素泊り              6000〜

湯治料金
 連泊お旅籠(1泊2食/税サ込み)10800〜 一週間以上の長期の場合はご相談ください。
自炊(2泊以上)         5400〜1泊1名
 半自炊、炊き出しなど、スタイルに合わせたご提供も可能です。別途ご相談ください。

日帰り湯治(休憩と入浴) 1500円〜 お問い合わせください。
立寄り入浴料   元湯   大人 500円   子供 300円
       新湯外湯   大人 500円   子供 300円
ご利用時間  午前10:00〜15:00まで

交通

JRで
*北陸新幹線開通により糸魚川駅の利用も便利になりました。

  • 大糸線南小谷駅より村営路線バス小谷線で35分小谷温泉山田旅館前 降車

関東方面から

  • 東京ー新宿ー中央線特急あずさー大糸線南小谷駅下車、または
  • 東京ー長野新幹線長野駅下車ーシャトルバスで白馬方面行き栂池高原下車ー村営バス小谷温泉行きー山田旅館前
    名古屋方面から
  • 名古屋ー特急しなのー松本ー大糸線ー南小谷下車
    大阪方面から
  • 名古屋経由、または 北陸経由糸魚川下車ー大糸線南小谷下車(又は中土駅)ー村営バス

車で

  • 中央道ー長野自動車道ー安曇野ICー国道147-国道148経由ー当館(ICより約90分)
  • 関越道ー上信越自動車道ー長野ICー長野南バイパス(オリンピック道路)ー白馬ー国道148ー当館(ICより約90分)
  • 北陸道ー糸魚川ICー国道148ー当館(ICより約50分)

ご注意ください

・12月から3月の冬期は2キロ手前の大凪下バス停が終点になっています。
そこから先は送迎をしていますので、必ず事前にご連絡ください。時刻に関しては小谷村ホームページでもご覧になれます。
・積雪や土砂災害によって、乙見峠を越える妙高林道線は通行止めになっています。カーナビは信用しないで下さい。

大湯元 山田旅館

周辺の観光案内

鎌池 
ブナの原生林にひっそりと囲まれた、神秘的なところです。
残雪と新緑がすばらしいです。
晩秋の鎌池
登山
画像の説明
登山家で作家の深田久弥が選んだ日本百名山の一つ雨飾山の登山基地です。
深田久弥も当館に宿泊して3度目の挑戦で登頂を果たしました。 
雨飾山 荒菅沢画像の説明
山スキー
画像の説明雨飾山上部
豊富な積雪と多彩な地形、手つかずの自然が残されています。
館主の山田誠司を始め地元のガイドがバックカントリーを案内します。

スキー場
栂池高原、白馬乗鞍、コルチナ国際など小谷村のスキー場を始め白馬山麓のスキー場まで40分ほどです。

信州でありながら、日本海まで50分と近く海水浴や釣りの遊びや、新鮮な魚介類を楽しめます。

アルプス

旅館から5分で、アルプスの絶景ポイントがあります。

冬の風景
画像の説明

予約、お問い合わせ ご予約はお電話で承っています。

 0261-85-1221

〒399-9511
長野県北安曇郡小谷村中土18836
小谷温泉 大湯元 山田旅館

営業期間

通年営業(無休)です。但し、豪雪により冬期は縮小営業の場合がございます。
}}

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional