Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

源泉風呂

温泉

画像の説明

1555年武田信玄の家臣 岡田甚一郎の夢枕に観音様のおつげによって発見されことから、以来 現夢の湯(うつつのゆ)といわれ万病に効く名湯として、また湯治場として愛されてきました。自家源泉から湧き続ける温泉は2箇所の浴室でご利用できます。旅館の中心に位置する元湯は100年以上変わらぬ浴槽で、2メートルの滝となって湯が落とされ大正ロマンを感じる造りとなっています。
また、離れに併設される、26年6月末に改装オープンした、外湯の展望風呂と、それぞれタイプの違うお風呂がございます。檜の内湯と、特に男性展望風呂は薬師堂の建物を利用し、一望千里、開放感に溢れ四季のうつろいが感じられる温泉です。女性の展望風呂は目隠しに斜め格子が入っており、安心して景色と雰囲気を楽しみながら入浴して頂けます。横に広がる敷地内で、はしご湯が出来ます。、庭には飲泉場も設けてありますので、飲泉しながら温泉の効果を存分に、お楽しみください。
日帰りでのご利用も可能です。午前10:00から15:00となっています。

源泉風呂

元湯湯殿と外湯 展望風呂 

元湯 源泉湯殿

すぐ裏から湧き出た状態で浴槽へ入れています。自然さが命です。空気に触れると酸化や劣化が進んでしまいます。本当に新鮮な温泉でないとの本来の効能や、価値がないといわれています。貴重な温泉を大切にし、完全掛け流しで提供しています。施設としては広くないので込み合っているとご迷惑をかけると思いますが、早めにご到着し、ご滞在中にゆったりと時間を使ってお入り下さい。本物の温泉を感じて下さい。打たせ湯 寝湯 浮遊浴 吸入療法が出来ます。滝は波動と湯もみの効果があります。

温泉の泉質と浴槽での状態

  • 泉質 ナトリウム炭酸水素塩泉(重曹泉)
  • 温度 42℃前後(季節や気象によって変化)
  • 状態 自然湧出の掛け流し
  • 湧出量 毎分150ℓ
            

泉質効能

  • 浴用 切り傷、火傷、慢性皮膚病
  • 飲用 糖尿病、通風、肝臓病、慢性消化器病

一般効能

  • 浴用 神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、
    関節のこわばり、打ち身、くじき、痔、冷え性、
    病後回復期、疲労回復、健康増進
    湯枕寝湯にある湯枕 温泉成分で固まり、木が石のようです。
    温泉成分の柱湯滝の壁に滴り成長した成分の柱です。約25年分
    薬師堂の建物を利用した男性展望風

外湯 展望風呂 26年6月オープン

宮大工の手により改装した温泉棟です。檜の内風呂と見晴らしの良い展望風呂 男女2つの違う浴槽があります。

檜の内風呂檜の内風呂
斜め格子の女性展望風呂女性展望風呂

温泉の知識

温泉とは

  自然湧出の温泉は、マグマの活動により地中深くから湧き出て来るため、地上では考えられないほど多量の化学物質が含まれています。これらの成分が入浴や飲泉することにより体に吸収されさまざまな症状に有効に働きます。また、できるだけ新鮮な温泉ほど、効果があるといわれています。還元性なのでアンチエイジンが、期待されますが、ポンプで深くからくみ上げたり、空気に触れ時間がたってしまうと激しく変化してしまい、効果が少なくなってしまいます。

  日本の代表的な泉質は11種類あります。

ナトリウム炭酸水素塩泉 (重曹泉)の特徴

   美人の湯といわれるのも特徴の泉質です。 石けんで洗い流さなくても、浸かるだけで皮膚の脂肪分や分泌分を乳化して洗い流し、なめらかなきれいな肌にしてくれます。また、キズや火傷に効くほか、飲めば、胃酸を中和し胃の働きを活発にするので、胃腸に良く効きます。胆汁の分泌まで良くするので、肝臓や膵臓の働きも活発になるとあって、ヨーロッパでは、”肝臓の湯”といわれるほどです。それに糖尿病や痛風にも効く良湯です。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional